2005年06月

昔のこと

小学校の時「先生の悪口言ってるでしょ?」と1人で呼び出されてその先生に聞かれるほど、
先生の悪口を言っていた。
大きくなった私の中で、悪口を言いまくっていたことは「先生に申し訳ないことをした。」という
気持ちとともに思い出す出来事でしかなかった。

 昨日保育園の時からの幼馴染とその先生の話をしていた時に、
 
      「あの先生めっちゃ暴力ふるってたやん。股先の刑(子どもを寝かせて両足をもって
      足を広げる)とかしてたし、おっきいコンパスとか三角定規(先生用の大きいやつで
      みんなを殴ってたやん。」

て言っていて、その先生の悪かった部分がパッと自分の中に戻ってきた。
申し訳ないことをしたっていう気持ちが大きくなって、いつのまにか先生がしていたよくない行いが自分の過去から消えていた。

そうだった。先生はそんなことをしてた。
子どもなりに「それはちゃうやろ~」と思ってた自分の気持ちを思い出しました。

ほんでそれを子どもに指摘というか、いたいところをつかれた先生は
呼び出して私の口を黙らせたかったんやろなぁ

でもその呼び出しの時も先生は「それはちゃうやろう」と思う説経の仕方をしてた。
私の家族のことを言って私を傷つけたかったようにも思えました。
家族のことを言われるとすごくいやだったので、そのとき目に涙をためた記憶あり。
先生も人間やもんね。自分の文句を言ってる子は憎たらしく思える。
でも違うことを持ち出してきて相手を傷つけるのは先生がするようなことではないよ。

小学四年生だった私。
小さい時のことはこうやって残っているんだよねぇ。
だから子どもたちと接する時気をつけないといけない。
ていうか、憎たらしい子どもといえども子どもを傷つけようとして
何かを言おうとするなんて、最低やぁ!!それは注意でもなんでもないやんっ

幼馴染と話をしたことで、「思い出。。事実。。真実。。」とかがぐるっと頭をまわりました。
どれが本当のことやなんてわからんね。
「ほんと」って何をほんとといえるのかわからんけど。
ほんとなんてあるのかないのかもわからん。
自分が思っていたほんとのことは、本当はほんとのことではないのかもしれんね。








あら‥

050627_2055001.jpg
今気づいてびっくり。全く身に覚えがないけどなんでこんなに汚れてるんじゃろう?

夏のかおり~

家の中が夏休みのにおいがします。
いつぞやの夏休み??
去年の夏休みのにおいではないけどー
まだ6月なのに8月はじめのにおいだ。

すんごい幸せ☆

今日「せんせー、せんせーが結婚する時オレらも呼んでなぁ!」
「土曜おれプールやからぁ(土曜以外を希望)!」←(これは来る気まんまんが伝わってきて嬉しかった。)

って言ってくれた。
ものすっごいものすっごい嬉しかった(>_<)
みんなを呼んだら60人‥て考えると、わぁおぉ!てなるけどみんなに合唱してもらうという話になっています。
あぁ~すんごい嬉しいやぁ☆★☆
相手もいないし結婚話なんていつ来るのかわからないけど、ただでさえ感動してるやろうにみんなに歌ってもらえたら感動して涙出るやろなぁ‥
あぁ~嬉しいよぉ!!!!!

綿毛

遊び終わって校庭から児童館へひきあげようとしたとき、ちはるの目の前にタンポポの綿毛がふわりふわりやってきました。

まだつかまえられる高さや!

手をのばす。が、つかまらず綿毛は逃げる。
ジャンプする。が、また逃げた。綿毛はどんどん空へとのぼっていった。

「見て!!あの飛んでるの、綿毛やで!」

てミキちゃん(小2)に言ったらミキちゃんは綿毛を追って進んでいった。
それを見たシュント(小4)とたいちゃん(小2)も綿毛を追って走ってテテテとゆきました。

気づいたら三人は校庭のすみっこ。
でも綿毛がフェンスにぶつかったところで綿毛を見失った。。

三人は見守っていたちゃーるのところに「めっちゃ悔しいー!!フェンスのところ行ったら見えんくなった!最悪やぁ!」て大きな声で言いながら走ってきた。

今日のこの出来事、嬉しくてたまらなかった。
「ただ綿毛の行方を追う」だけで校庭の端から端まで行くんだよぉ??
綿毛がひとつ空に浮かんだだけでその出来事を作りだしたんやでぇ??
三人のあの時間は体中が「綿毛」でいっぱい。美しさを感じました。
この出来事のおかげで心は満たされております。まんぷくです☆

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ